CATEGORY

エビデンス

  • 2019年12月6日
  • 2019年12月6日
  • 0件

Modern Epidemiology Chap 2 “Causation and Causal Inference” part 2

時間が空いてしまいましたが、Modern EpiのChapter 2の後半をやっていきたいと思います。     今回は、「原因XとアウトカムYの関連の強さ」が何によって決まるかということについて。 Component cause modelが再び登場しますので、「そんなの知らないよ」という方は上のリンクからPart 1をお読みになって頂くと良いかと思います。   さて、疾病Zが発生するた […]

  • 2019年11月14日
  • 2019年11月14日
  • 0件

Modern Epidemiology Chap 2 “Causation and Causal Inference” part 1

Twitterで集まった臨床医、国内外のMPH生、Public healthの専門家たちとオンラインでModern Epidemiologyを読む会を毎週1回ずつ行っているのですが、やはり各章一度ずつ読んだだけでは理解に乏しい部分もあり、改めて読み直すことにしました。 Modern Epidemiologyを知らない方のために説明すると、これは世界的な疫学者であるRothmanらが執筆した疫学の金 […]

  • 2019年11月6日
  • 2019年11月13日
  • 0件

医学論文の読み書きをするうえで参考にした書籍

私は現在、東京大学公衆衛生大学院の臨床疫学・経済学教室で論文の書き方を勉強しています。教授とチューターさんのご指導のおかげで、現在は修士課程で5本目の英語論文を執筆中です。まだまだ勉強せねばならないことばかりで焦りますが、そんな私が大学院に入り、論文の読み書きをするうえで参考になった書籍を紹介します。       疫学・統計学編 医学論文を読むうえで、疫学・統計学の知識は必須です。 専門家による授 […]

  • 2019年9月23日
  • 2019年9月23日
  • 0件

執刀医の性別・年齢と高齢患者の術後死亡率の関連 後ろ向きコホート研究

”エビデンス”シリーズでは看護系の論文を紹介しています。 有料論文においては、無料で閲覧できる範囲(Abstract)の紹介に留めております。そのため、このブログを読んでも研究の全貌を知ることはできません。Abstractのみを読んで研究の結果を解釈することはできませんので、ご興味のある研究があった際には、ぜひ下記のリンクから論文が掲載されたサイトを訪問することをお勧めいたします(有料論文を見るた […]

  • 2019年9月18日
  • 2019年9月18日
  • 0件

大麻の使用がヨーロッパにおける精神疾患の発生分布にどう影響しているか multicentre case-control study

    ”エビデンス”シリーズでは看護系の論文を紹介しています。 有料論文においては、無料で閲覧できる範囲(Abstract)の紹介に留めております。そのため、このブログを読んでも研究の全貌を知ることはできません。Abstractのみを読んで研究の結果を解釈することはできませんので、ご興味のある研究があった際には、ぜひ下記のリンクから論文が掲載されたサイトを訪問することをお勧めいたします(有料論文 […]

  • 2019年9月17日
  • 2019年9月17日
  • 0件

学士ホルダーの看護師数と心筋梗塞後の患者アウトカムとの関連 Cross-sectional study

    ”エビデンス”シリーズでは看護系の論文を紹介しています。 有料論文においては、無料で閲覧できる範囲(Abstract)の紹介に留めております。そのため、このブログを読んでも研究の全貌を知ることはできません。Abstractのみを読んで研究の結果を解釈することはできませんので、ご興味のある研究があった際には、ぜひ下記のリンクから論文が掲載されたサイトを訪問することをお勧めいたします(有料論文 […]

  • 2019年9月16日
  • 2019年9月16日
  • 2件

ドイツの看護師における男女間の給与格差 pooled cross sectional study

”エビデンス”シリーズでは看護系の論文を紹介しています。 有料論文においては、無料で閲覧できる範囲(Abstract)の紹介に留めております。そのため、このブログを読んでも研究の全貌を知ることはできません。Abstractのみを読んで研究の結果を解釈することはできませんので、ご興味のある研究があった際には、ぜひ下記のリンクから論文が掲載されたサイトを訪問することをお勧めいたします(有料論文を見るた […]